WEBを使って利益が得られる|業者を利用しガッポリ稼ぐ

平均した費用

制作にかかる費用とは

WEB制作を行なうには様々な費用がかかります。制作会社によっては細かい価格を掲示していない場合も多いです。それはおもにホームページやサイトのボリュームによって異なるためです。もちろんページ数が多ければ価格は高くなります。また、ボリュームだけではなく、システムやデザインに対する要望が高い場合も価格は高くなります。 WEB制作をする場合にはいくつかの工程があります。まずページのデザインを考える。その時にページに使用する素材も作成します。そして次にHTMLやCSSなどでコーディングをします。動きがあるサイトを作りたい場合にはjavascriptなどが必要になります。これは1人で全て行なう場合もありますが、一般的には何名かで分担して行ないます。とても手間がかかるものです。 WEB制作を業者に頼む場合の相場は30万円〜50万円です。非常に高いものだと思われるかもしれませんが、実際は妥当な価格になります。またフリーランスの方に頼むといくらか安くなる傾向があります。

WEBのこれまでの歴史とは

WEB制作のこれまでの歴史を紹介します。1991年に初めてのWEBサイトが公開されました。このときにHTMLという言語が生まれました。またサイトを見るためにはブラウザが必ず必要になります。このときにブラウザも同時に発表されました。ただ発表されただけでなく、システムや裏側も同時に公開されました。そのため誰でも自由にWEB制作を行なうことができるようになりました。 日本で初めてHTMLが使用されたのは1992年2月です。奥野博が日本国憲法などを記述しました。しかしこれは非公開であったため日本で最初で公開されたWEBページにはなりませんでした。 日本で初めて公開されたWEBページは1992年9月30日です。用いられたサーバーは茨城県つくば市にある文部科学省高エネルギー物理学研究所計算科学センターに既存します。そしてこの同組織に所属していた森田洋平によりHTMLで記述された「KEK information」が公開されました。 この後、WEB制作会社等が現れて現在のようになっています。

Copyright© 2015 WEBを使って利益が得られる|業者を利用しガッポリ稼ぐ All Rights Reserved.